FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IMG_2455 - バージョン 23


今が旬のさくらんぼ。
父の果樹園では今年もたわわに実りました。
もちろん無農薬です。

こうやって、この愛らしい姿をいつまでも眺めていたいのですが、
さくらんぼを楽しめるのはとても短期間。
とてもデリケートな赤い実は、実ってからの劣化が非常に早いのです。
先日のデザートにも飾りたかったけれど、残念ながら断念。。
我が家で思う存分楽しみました。


真っ赤なさくらんぼ。
小粒ながら、甘くみずみずしくって、とっても美味しい。
キュートな姿には本当に癒されます。

実はこのさくらんぼが収穫できるのも、今年が最後かもしれません。
私達の事情でさくらんぼの住む場所を譲ってもらう予定なのです。
今まで美しい花や実を楽しませてもらえて、本当にありがとう。
とても申し訳ないけれど、また何年か後に再会できることを夢見ています。。






スポンサーサイト

IMG_2007+_convert_20110506212009


岐阜県川辺町にある白扇酒造さん

名高い料亭や料理家の間でも評判のみりん
『福来純三年熟成本みりん』を造る酒蔵です。
もちろん私も大の福来純ファン♡


5月の連休に白扇酒造さんで開催される
三遊亭鳳楽師匠を迎えての恒例の「花美蔵寄席」
今年もご招待いただき、夫婦共々楽しみにしていました。

IMG_1976.jpg

今回の演目は「金明竹」「唖の釣り」「山崎屋」の3目。
師匠の演ずる繊細な仕草にはうっとり。あたかもその時代に居るかのような感覚に。。
鳳楽師匠の古典落語、最高です!

じつは私は数年前まで落語に親しむ機会はほとんどありませんでしたが、
鳳楽師匠の古典落語を聞いて以来その奥深い粋な面白さに魅了されました。
難しい?と思われがちですが、本題に入る前に小話に交えながら
ちゃんとその時代背景や言葉の解説もしてくださいます。
さらに私の場合は落語好きな主人の(詳しすぎる)解説にも助けられ
その言葉に現れる奥深い意味を理解すればするほど面白く
はまってしまったのです。

機内放送で毎度父が薄笑みを浮かべて聞いていた落語。
当時の私は落語よりもその父のにんまり顔が可笑しくて可笑しくて。。
お父さん、その笑いの理由がようやくわかってきましたよー。






加藤孝明社長の挨拶では、震災のお見舞いの言葉に続き、
良いニュースのご報告も!

なんと、蔵一押しの酒「花美蔵 馥」
つい先日岐阜県知事賞を受賞されたとのことでした。
おめでとうございます!!

IMG_1988.jpg

こちらは寄席後のパーティにて振舞われました。
(残念ながら私は運転手で…ガマンガマン。。)
主人は鳳楽師匠よりお酌を受け大感激。
地元の川辺町の方々ともさしつさされつの、何とも心和む幸せな時間。



そしてこちらも恒例! 皆様お待ちかねの
高山市のそば打ち名人、ひだ千利庵」の三ツ畑祥一さんの手打ち蕎麦です。

IMG_1997.jpg


美味しい純米酒に、素晴らしい古典落語、そして名人の美しい手打ち蕎麦。
日本の宝に囲まれた大満足な一日に、二人夢見心地で帰路につきました。

加藤社長、素晴らしい一日をありがとうございました。
(来年も心待ちにしております♡)






IMG_1979_convert_20110506215423_convert_20110513084209.jpg

あの「福来純」が醸される味醂蔵。。。 ひっそりと。



IMG_2074_convert_20110506220829.jpg

こちらはスウィーツ用に購入した粕達。
良いアイデアが生まれそう。。。 うふふ♡









先日の続き。

この日はまだ寒かったこともあり、
私はベジ中華まんとジャーマンポテトまんをお土産に作りました。

Hさんも食事はvegan・マクロビオティックを心がけていらっしゃいます。
私はこのような機会にはいつもスウィーツをお持ちしますが、
Hさんは甘味料が苦手。私の使うメープルも摂られていません。
そんなHさんへ♡

IMG_0569_convert_20110513085615.jpg

こちらはベジ中華まん。ぷっくり。




Hさんが腕を振るってくださったお料理。
全てをカメラに収められませんでしたが・・・

IMG_0590_convert_20110513084921.jpg

こちらは里芋の皮の唐揚げ。
食べてみるとあのごつごつした皮の面影は全くありません。
上新粉とお醤油のみの衣で揚げたとのこと。
驚きの美味しさ! 美味しい日本酒が欲しくなりました。



IMG_0594+-+バージョン+2_convert_20110513084620

そしてこちらはなんと椎茸の石突きの唐揚げ。
食感もお味もまるでゲソの唐揚げのよう!
おつまみにピッタリな美味しさ。
こちらも上新粉とお醤油だけの衣だそうです。


ほかにはとれたてのキノコと山菜の天ぷらに
キノコ盛りだくさんのパエリア風
昆布出汁がきいた、うまみたっぷりの牛蒡と里芋の汁もの。
パエリアと汁ものは、この薪ストーブの上で調理されていました。


そして・・・

IMG_0601.jpg

デザートには桜餅が登場♡
あんこは干し柿で甘みを付けたとっても優しいお味。



もちろん私達はおしゃべりに盛り上がり、
その横で主人は薪ストーブの温かさに癒されうとうとと。。

窓からは雨上がりの里山の素晴らしい景色が広がり、
これ以上無いようなゆったりとした幸せな時間が流れていました。


Hさんのあたたかい手料理に癒されたおいしい時間。
美味しくて幸せなひとときを、本当にありがとうございました♡





さいごにこちらは懐かしの手作り手拭い。

IMG_1685.jpg

わらべ村の祐子さんと一緒に、
貴重な藍染めをHさんより教えていただいた時の物です。
デザインはいつも焼いている『ハッピーラビットショートブレッド
やはり私のテーマは永遠に「 sweets」 なのでした。。







| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。